Yamabiko 2007 (Japanese)


Club SPLENDOR 20周年記念 伊豆やまびこ荘ツーリングに行ってきました。
(English version of this post is here.)


天気予報はずっと悪かったが、晴れ男はそんなのをまったく気にしてなかった。
案の定、朝起きたら道がちょっと濡れてる程度できれいな青空が広がっていた。

海老名にて集合。YOSのショベルのセルが回らなくなっていたけど、
キックも付いてるから問題なさそう。
実は今日の問題児は別のバイクだったんだ。

今回一緒に走るメンバーは、Stinger、由佳、アラ、ミズキ、はっしー、オレと、
Deadheads組のYOS、あみちゃん、Toko、イチの10 台。


小田原厚木道路に入って、富士山が綺麗に顔を出していた。


いつもの晴れ男パワーに加えて、驚異的晴れ女のあみちゃんもついてるから、
カッパを積むことも不要。


箱根ターンパイクに入って


登山する前に,はっしーのパンヘッドのぐらぐらになっていたマフラーを締めなおす。


そしてキック大会が始まる。


すぐにはかからないから、Stingerも挑戦。


箱根峠の上は風がとんでもなく強くて冷たい。
登りきったところのパーキングでマフラーを本格的に固定することに。
あの冷たい風ですぐマフラーを素手でも触れる状態になった。


箱根TOYO TIRESターンパイクを出て熱海峠へ


ワイルドな女神たち


伊豆スカイラインの快晴の中で下の景色を見ながら心地よく道を楽しむ。
はっしーのバイクは何回かガソリン線が詰まって止まったけど、
ちょっとした修理ですぐまた走れる。


冷川で降りて59号に。
いつものボロ車スタンド(link)がどうもつぶれたようで、まともなところで給油。
やっぱり猿乗り型はかっちょいいね。

光がいいところでプロ写真家が燃える。


59号の木漏れ日の峠道で森林浴快走。


近年やまびこツーリングがワンパターンになってきたけど、
今年もやっぱり昼は「カタツムリ」
山には少しだけ桜のピンクが残ってる。


この雰囲気はやっぱりいいね。


とりあえず一杯。


マッチョなアラ


ゆっくりキーマカレーを食べて雑談


壊れるぅ!


また59号に戻って、仁科峠。
この真っ青な空は画像をいじったわけじゃないよ!


Deadheads組は西伊豆オートキャンプ場のキャビンで泊まるので、ここで乾杯してお別れ。

キャビンのブランドはうちの偉大なるリーダー・マーシーが喜びそう。


そしてやまびこ荘へ。
SPLENDORは1987年以来毎年ここに来てるんだ。
外人バイカーズは1997以降の参加。
マーシー、いつもありがとう!
30周年の時もヨロシクね!


リサちゃんは時代最先端技術のBMWで参加。
車載工具はトルクス・ドライバー一本!


そして温泉プールで大バカ運動会
まずは棒高跳び。


背面高飛び。(背中が真っ赤になった。)


ハードル。


温泉を飲むと身体にいいらしい。


高飛び+宙返りコンビネーション (これも痛かった。)


運動したところで、いただきま~す!


そして昔ながらの落ち着いたSPLENDOR宴会。


「落ち着いた」と言っても、夜中のプールバカ騒ぎだけは例外


シンクロ


半ケツ棒飛び



飲んだ割には気持ちのいい朝だ。


桜とバイク


解散して、早めに出発!


・・・と言っても、何百メートルしか走らないで、Deadheadsのキャンプ場で再集合。


海沿いを走って、気分爽快!
石廊崎にて休憩。


みんな、わしとアラに見習ってもうちょっと絵になる停め方すればいいのに


また走るぞ!


昼はもちろんここ、スパイスドッグ。
でも走り出したのが早いから、まだやってなかった。


しばらく外でゆっくりして準備できるのを待つことに。
中から流れる気持ちいい音楽と楽しい会話で時間が速く過ぎていく。


絶品のカレーを食べて、また出発。


下田で給油して、さぁ行こう!
・・・でもいくらキックしてもパンヘッドは起動しない。


押し掛け成功!
でも何キロ先でまた止まっちゃった。
オレたちはこれでも楽しいけど、はっしー本人は気を使わせたくないらしいから、アラだけ残って、先に行くことにした。


天城越え道の駅で休憩して、「まだ修理してる途中だろう」と言う話をしながら、Vツインの轟きがきこえる。アラの怪力肺活量でガソリン線に吹き込んだら、詰まったゴミがとれたみたいで、すぐ直ったって。


伊豆スカに戻って走ってると、また富士山が綺麗に見えてきた。
残念ながら写真ではほとんど写ってないけど、肉眼では感動する光景だった。


イチとグリーンマシーンと富士山(のはずだった)


富士山をバックに集合写真(のはずだった)


撮影角度をちょっと変えると、下で沼津市と海も綺麗だった。


箱根新道で降りて、小田原厚木道路でまたはっしーのマフラーが外れて、また押し掛け。
バイクは持ち主に似て、笑いをとるのを大事にしている感じ。


海老名で解散。お疲れ!
・・・&最後の推し掛け。

Tokoとイチの参加で、高津陣もまた増えてうれしい。
薄暗くなってきたころに家に辿り着いて、次の朝からまた気温が下がって雨が降り出した。

最高に「Oh Yeah!」な気分のツーリングだったね。
本当に楽しかったぁ。
一緒に走ってくれた皆さんありがとう!

由佳ちゃん、YOS、Toko,画像をありがとう。

One thought on “Yamabiko 2007 (Japanese)”

Comments are closed.