If you can see this,
you're using an inferior browser.
Get Firefox.
ページのこの部分が見えるなら、
ブラウザが悪いぞ。
今すぐFirefoxをダウンロードしなさい。

Gaijin Bikers in Japan
The continuing adventures of a couple of American bikers
in the Land of the Rising Sun


SPLENDORやまびこ荘ツーリング2005
2005.04.9-10



えびなSA午前8時
今回一緒に走るのはごう、カズ、YOS、おざわ、BOZ、オーエン、ゆか、ミズキ、ほそっち、Ben、初参加のマコとアラの12台


ミズキ工房から当日納品のタンクストラップと先週納品のサドルバッグ


ミズキ工房出張サービスで最終調整


小田原厚木道路に入って修ちゃんと合流、これで13台中ハーレーが11台。


箱根ターンパイクを登って大観山で休憩

天気がいいぞ!


ミズキ


ロードカメラマンのごうのウデがどんどん上がって来ているので、
厳選しても今回走る写真が多い。

伊豆スカイラインの入り口で安全運転運動をやっていた


亀石パーキングで偶然テルキとあゆちんと会う。
日曜は早く帰らないと行けないから遠回りで行くらしい。


冷川で降りて、桜のトンネルを潜ってからいつものぼろ車スタンドで給油。


このレジは車検を通ってるぞ!


花粉症の季節を感じさせる積み方


プロカメラマン由佳ちゃんが撮った一枚


去年パパになったおざわさん


桜ツーリングには最高のタイミング


この辺で桜を見上げながら走っていたら、59号に曲がるところを通りすぎちゃった。
この台数で引き返すのが大変だから修善寺まわりで行くことに。


修善寺でちょっとした渋滞になったところで、
「道間違えて渋滞なんて、当然みんなが怒ってるんだろうなぁ」と思った。


でも天気がいいし、桜も綺麗だし、まぁいいかな?







いつものカレー屋、「かたつむり」について皆に道のことを謝ったら、
何回もこのルートを一緒に走っているメンバーが多いのに、
道を間違えたことに誰も気づいてなかったみたい。
黙ってりゃよかった…


走るはずの道を地図で説明したら、
「楽しかったからええやん」とおざわさんが言ってくれた。




やっぱりここの雰囲気が好き。

今回はほとんど迷わずに59号に入れた、と思ったら「全面通行止」なんて書いてあるじゃん…
「まぁ、何とかなるだろう」とそれでも前進してみる。


今度はもっと大きな看板。やっぱりだめか?


いやっ、ちょうどバイクが通れるぐらい開いてるじゃん。
その向こうの山が呼んでいる! 行くぞ!


う〜ん。本気を出してきやがったな。
バリケードだってどかせばいいさ。

結局こういうのを3回どかして平気で行けたんだ。
ちょっとアウトロー的だけど、通った後はちゃんと戻したよ。


そんな障害があってもいつもより早く現地到着。
マーシーが用意してくれた歓迎のビールが美味い!


泳ぐぞ!

オーエンが「さらしを余分に持ってきたからBenもやってみ」というから…


BOZだけ日本じゃない感じ


ふんどし隊が隣の畑に飛ばしちゃったボールを探す


戻ってきたボールにマコが優しくしてくれた


やっぱりプールはいいね


SPLENDORなバイク達


宴会に備えてお昼寝


いつも幹事を勤めてくれるマーシー。(感謝感謝)
乾杯!


大型免許取得したゆうぴぃ


初参加のアラ


夜中の温泉も悪くないね。



翌朝、この日一緒に走ってくれる「森さん」の支度をするりさちゃん。


解散直後に到着したとめぞーさんと、事情あって一回目の集合写真に出なかったサトちゃんのために撮った2度目の集合写真


今日も走るぞ!

曇ってはいるが、予報の雨はなさそう。














また遠近法がぁ




石廊崎にて


結局晴れたじゃん!


弓ヶ浜に着く直前、BOZに緊急待機命令の連絡が入って、
これから沖縄に行かなければならなくなっちゃったからここでお別れ。
(結局訓練だけだったからよかった。)


YOSが知っているデッドヘッヅのカレー屋さん、「スパイスドッグ


ハーレーが似合う店だね


ゆる〜い雰囲気でまったりする。カレーもコーヒー美味しかった。
ここも毎年行くようになりそう。


リフレッシュしたところで、また走り出す。


グルグル橋(ループ橋)に向かう。





180度向かいにわしがいる。






アラのスプリンガー


ロードカメラマンがいきなり「あっ、自分のバイクを撮るのを忘れた!」と


伊豆スカで登っていくと段々寒くなり、霧が濃くなっていく


写真には移らないが、風も強くて霧の動きがびっくりするほど速い


さらに濃くなって


最後には看板の真下に来ないと読めないほど。
先導しているわしは怖いけど、それより冒険的で楽しい気分。


十国で休憩するが、霧が上がりそうな様子はない。

箱根新道で下っていくと段々見えてきて、小田厚でまた晴れ間まででた。
大磯PAで修ちゃんとお別れ。

海老名にて解散。


いやぁ、本当に楽しかった。
春を感じさせる頭上の桜に山と海、そしてミラーに写る12台の鉄馬。
気の合う格好いい仲間と両日ともちょっとした冒険も。
現地でも色々な楽しいこと、楽しい仲間。
いつも言うけど、やっぱり最高のツーリングだった。
Viva SPLENDOR!


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
外人バイカーズ