7月1日

今回のワシントン州ツーリングのメンバーは、日本からの6人に加えて、
左からジェイソン、ランディー(カゼの兄貴)、手前がショーン、
後ろがサポートカー運転手を務めるアーロン、白いTシャツのカゼ、
グラサンをかけたオジサンみたいだけどわしより年下のビッグ・ジョン、
の総勢12人。

さあ、出発だ!…と思ったら、400がかからない。

カゼが急遽プラグを交換。

さあ、本当に出発!

高速までの道 ショーンとZRX
ランディーとCB900 マーシーとCB750



アクシデント発生


高速でわしの750の後輪がパンク!
チューブが完全にやられている。
だけどド田舎だ、しかも日曜日。
新しいチューブを手に入れる方法がない!

「大きな穴があいてるー」

一番早いバイクのショーンをチューブ探しに派遣して、アートになっているわしのCBを
眺めながらず〜っと待つ(約3時間?)。
(このとき、ノブが腹を出して、道端に寝ていたらお腹が真っ赤になった。)

やがてショーンが戻って来たが、15インチの乗車用チューブしか買えなかった。
18インチのバイクタイヤによく入ったもんだ。

意外とちゃんと走れた。


かなりの遅れをとったが、コロンビア川に着いて、東へと進んだ。

コロンビア川を眺めながら休憩。


ビーコン・ロックという岩の前で記念撮影。


ノブが州道14号線を快走。




夕方に着く予定が夜9時ごろキャンプ場に到着。
すぐに夕食作りにとりかかった。

日本人チームがSPLENDOR亜米利加支部の皆さんのためにカレーを作った。
(ド田舎のスーパーでもハウスのカレールーが売ってたのにはびっくり!)

次へ