If you can see this,
you're using an inferior browser.
Get Firefox.
ページのこの部分が見えるなら、
ブラウザが悪いぞ。
今すぐFirefoxをダウンロードしなさい。

Gaijin Bikers in Japan
The continuing adventures of a couple of American bikers
in the Land of the Rising Sun

セックスマシーンは
MOTORCYCLE VAGABONDING IN JAPAN
(直訳:日本のバイク放浪記)

という本をGuy De La RupelleというBMWを乗ったフランス人と協力して書いた。


AMAZONから注文するには絵にクリック。

Vagabondingについて評論家のコメント:

日本でツーリング
日本は普段我々の気に入りオートバイツーリング目的地には入らない。ところば、この本を読んだらそれが変わるかも知れない。「日本のバイク放浪記」(作家:日本滞在Guy de La Rupelleおよびオーエン・スティンガー)は日本でのバイク乗りのための素晴らしい道をいくつか紹介する。地方の分けて日本を満喫して冒険するための全てを説明してくれる。日本で物価がバカバカしく高いと聞いて自分の予算では無理だと思い込んでいるかも知れない。東京とその他の都会は確かに高い。けれど、作家はその高いところを避ける方法を教えてくれる。自分のキャンプ道具を持って行けば数万円の節約できる。日本の陸は75%山地で良く舗装されたワインディング道が多いし、旅行者の少ない美しい景色は豊か。この本読んだら、オートバイで旅するという意味で、絶対日本に対しての見方が変わる。
99年9月/10月号の「アスフォルト・エンジェルズ」から
-----------
オートバイ消費者ニュース/99年12月号
D。C。ウイルソン氏
メイン州からジョージア州までの長さを持つ日本列島はそれほど狭くない。都会は混んでいるかも知れないが、地方のほとんどは畑と山地。渋滞している高速道路の料金が高いけど、空いている、只の下の道を走れば数多くの景色豊かな地も経験できる。そして他の国の人に対して日本の「ガイジン」扱いは悪名高いのに、バイク乗りを日本のバイク乗りキョーダイたちがあたたかく迎えてくれ、困った時に助けてもくれるという。僕も行ってみたい。
本の中身は東京近辺から始まって、北陸、京都などの道を説明してから海を渡って四国、九州、そして北海道を紹介してくれる。各章の始まりに地図もあるのはありがたい。地方地方のツーリング概要と距離、地形、見所などの便利は情報もいっぱい。付録は日本で食べ物とエロスの世界も謎を溶かしてくれる。ここには魅力で効果的にフランス人のもののわかりとアメリカ人の賢よさが組み合う。
作家はステレオタイプをすぐさまになくすことはほめるべき。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
外人バイカーズ